アップサイクル商品海ゴミアップサイクル情報

オーシャングラスに、よくあるQ&A

Q1 .全部ペットボトルでできているの?

A. いいえ。リサイクル材では透明なレンズを作れないため、フレームのみがリサイクルペットボトルです。

Q2.海ごみを使うのは難しいことなの?

A.はい。一般のリサイクルPETでは80%の使用率なので、海ごみペットボトルでも80%で作ろうとしましたが、原料が機械の中で固まってしまいました。その後、少しずつ割合を落とし、25%で安定しました。現状では海ごみペットボトル25%、一般リサイクルPET50%、強化剤25%という比率です。
ちなみにペットボトルから繊維を作る場合は、海ごみ率10%くらいが限界なんだそうです。

Q4.なぜ、海ごみだと難しいの?

A.まだ始めたばかりなのではっきりわかっていませんが、洗浄が不十分で、塩分や海洋性の付着物が残り、化学変化を起こしているようです。また、海外製のペットボトルが多く、日本製とは品質が違うので、その影響かもしれません。

Q5.BIOレンズ、てどんなレンズ?

A.生分解性バイオポリマー製で、埋め立て処分されると微生物により二酸化炭素、水、バイオマスに生分解され土に還るレンズです。Intertek(世界大手の認証企業)で認証された、目に優しい紫外線99.9%UVカットBD8バイオレンズを使用しています。

Q6.調光偏光レンズ、てどんな機能があるの?

A.紫外線の強さでレンズの濃さが変わる調光レンズ。室内ではメガネのようですが、屋外に出るとサングラスに変身!! 日陰では薄く日向に出れば濃くなるので、サングラスをかけていることを忘れてしまいます。
偏光レンズは日の照り返しをカットするため、釣りやマリンスポーツの時には水中が良く見え、雪山では反射による刺激を抑えます。調光偏光レンズは2つの機能を合わせ持った高性能のレンズです。

Q7.自分たちもペットボトルを集めたら、サングラスが作れるの?

はい。いろんな地域で、ビーチクリーンで集めたペットボトルでオリジナルサングラスを作ってもらえたらと思っています。グループでお揃いのポロシャツを作るような感覚で作ってもらい、そのことでビーチクリーンに参加する方が増えたらいいな、と思っています。

おすすめ