anomianaの活動報告海ゴミアップサイクル情報

地域での動き 高浜町

高浜町では、2017年に和田浜が日本で初めてブルーフラッグ海岸の認証を受けました。

https://wakasa-takahama.jp/blueflag/

アノミアーナ 結成から間もない2019年3月にブルーフラッグアカデミーの依頼で「海ごみ講座」を開催する予定でしたが、コロナで延期に。

その後、Seastarさんが主催していた月一ビーチクリーンが9月で2周年を迎えることもあり、共同開催でミニ講座を開いて、教育用ビデオとしてYoutubeで公開していただけることになりました。

和田浜の月一ビーチクリーンは、海が大好きで海で活動している女性2人が「海への恩返し」の気持ちで始めたもの。ずっと続けていきたいから、なるべく自分たちにも参加者にも負担にならないように、ということで、たっぷり遊び終わった第4日曜日の15時から1時間だけの開催、という形を取っています。

地元の人、海でいつも遊んでいる人、和田浜が好きでやってくる人など、気軽に自由に参加できるので、参加者もどんどん増えている様子。

https://seastarcprisk.com/envuiment/beach-clean/

そんな中、高浜町の若手グループ「アスケン」こと「高濱明日研究所」さんからも「何か一緒にできるといいですね」とお声かけいただきました。

https://www.us-ken.com

アスケンミーティングに参加させてもらって思ったのは「高浜、てみんな海に特別な想いを持っているんだな」ということ。「海」をテーマにみんな繋がれる感じがしました。

「みんなで拾ってみんなでつくる オーシャングラスチャレンジ!!」の構想は高浜の皆さんとの出会いの中で生まれて行きました。

まずはみんなでビーチクリーン。

そこからペットボトルだけ集めて、そこそこきれいなものを選り分けて

キャップとラベルを外して水洗い。

乾かして潰すのはアスケンメンバーのお仕事。

その後、他の地域で集めたペットボトルも一緒に内田プラスチックさんにお渡しし、そこから「海ごみベットボトルでサングラスを作る」という内田さんの2ヶ月近い挑戦が始まりました。

その間に高浜ならではのオリジナルデザインを考えて、出来上がったサングラスのツル部分にプリントしていただき、日本で初めてのオーシャングラスが出来上がりました!!

おすすめ